• TEL:0247-82-5731
  • お問い合わせ
先輩の声
先輩の声

先輩の声

『地域と利用者と私をむすぶ仕事』

いわき地区 東洋学園 児童部 社会福祉士 松本敏希      
施設名 :東洋学園児童部
地区名 :いわき地区
役職名 :社会福祉士
名 前 :松本敏希

「障害って何?」
 私はこの疑問をもったことが一つのきっかけとなり、障害児入所施設で働いています。まだまだ未知な部分の多い「障害」を少しでも理解したい、利用者さんを知りたいという気持ちが私自身の活力になっています。日々の生活を利用者さんと共に歩み、葛藤を繰り返しながらも、思いが通じ合い、成長を実感できた時に強くやりがいを感じます。

福祉は人と人との繋がりのうえに成り立つと思っています。十人十色の個性があり、十人十色の支援があります。より良い生活、より良い支援というのも一人ひとり違います。「気になるな」「どうして?」という小さな気づきを大切にし、困っている人がいたら手を差し伸べることのできる「繋がり」を築くことが重要であると考えています。

 地域社会の中で障害のある利用者さんだけではなく、あらゆる方々が住みやすいと感じることのできる社会に向け、皆さんと繋がって、共に歩んでいければと思っています。

『好きや興味が仕事につながる』

田村地区 のびっこらんど三春 言語聴覚士 菅野真衣
     
施設名 :のびっこらんど三春
地区名 :田村地区
役職名 :言語聴覚士
名 前 :菅野 真衣

私が言語聴覚士を志したきっかけは、小さい頃好きで見ていた医療ドラマです。それから、医療・福祉に携わる仕事に興味をもち、調べていくうちに言語聴覚士という仕事に出会いました。言語聴覚士は、成人やお子さんを対象にことばの理解・表出、コミュニケーション、発音などに困難のある方のサポートをしている仕事だとわかりました。私は、特にお子さんの未来を見据えたお手伝いがしたいと思い、今に至ります。

当協会に勤めて、毎日お子さんと関わりたくさんの成長を目にすることで、自分自身も日々子どもたちと一緒に成長しているような気持ちになります。また、お子さんと関わる一方で、自分の子どもと関わる時間への配慮も手厚いため、仕事はもちろんプライベートも充実させることができています。

少しの興味や“好き”が、今の自分につながるなんて、小さい頃は思ってもいませんでした。当協会に少しでも興味をもった方、仕事やプライベートも充実させたいという方、ぜひ一緒にお仕事してみませんか?

『より良い支援を目指して』

相馬地区 原町学園 保育士 八巻 美穂
     
施設名 :原町学園
地区名 :相馬地区
役職名 :保育士
名 前 :八巻 美穂

私は学生のころ原町学園で実習を行い、福祉の中でも自分の知らなかった分野の仕事を経験しました。原町学園は行事がたくさんあり、利用者の皆さんの楽しんでいる姿や笑顔はとても癒やされます。話をしたり遊んだりする中で信頼してもらえることが嬉しく、力になってあげたいという気持ちが膨らみました。この実習を通し、利用者の皆さんとふれあう仕事に携わりたいと考え、この協会に入りました。

その人の苦手なことは見た目だけではわかりません。一人ひとりの支援について、どのような支援をしたらよいか悩むことはたくさんあります。そんなとき、現場の先輩方の的確なアドバイスに加え、利用者の皆さんとの関わりを積み重ねた中で学ぶことが多くありました。

当協会は現場での学びはもちろん、研修制度も充実しており、学びを深めて自分自身も成長することができます。さらに知識を増やし、利用者の皆さんにとってより良い支援を目指していきたいと考えています。

『一人の人間同士として向き合う』

いわき地区 のびっこらんど悠悠 言語聴覚士 古山 貴大
     
施設名 :原町学園
地区名 :相馬地区
役職名 :児童指導員 兼 言語聴覚士
名 前 :古山 貴大

私が所属する原町学園は、義務教育を修了した児童に日常生活の指導や職業訓練を行いながら、社会的な自立を目指す福祉型障害児入所施設です。

ある教育機関で1人の中学生との出会いがありました。
「思ったことをすぐしゃべっちゃう。」
「この練習っていつ終わるの?いつまでやるの?」
彼と一緒に悩む中で、「専門的な視点からも力になりたい」と考えるようになりました。それが言語聴覚士の資格を取得し、この協会に入職したきっかけです。

社会で働くためには多くの力が必要です。生活の自立はもちろん、場面や状況に応じた行動、職種による技能も求められるため、就労への道のりはそう簡単ではありません。私たちと同じように悩み・葛藤する姿に寄り添いながら、毎日少しずつ前に進んでいます。一人一人に向き合っている時、この仕事で一番のやりがいを感じます。

専門職による多角的な視点と充実した研修制度をもつ当協会において、彼らと一緒に成長できる喜びを感じませんか。

『施設看護師の役割』

田村地区 東洋育成園 看護師 吉岡 一清
     
施設名 :東洋育成園
地区名 :田村地区
役職名 :看護師
名 前 :吉岡 一清

東洋育成園では、入所する利用者様の日常生活において支援を行うと共に、個々の願いや思いに応えたサービスの提供や、自立した日常生活を地域社会において営むことを目指しています。

当施設では、看護業務を担当しております。主な業務として利用者様の健康管理を行っており、日々の体調を把握しながら病気の予防に努め、服薬の管理・病院への付き添い・怪我や病気への対応・健康診断の計画など、利用者様が安心して健康に過ごすことができる環境を提供しています。その他には、施設の感染症対策や職員の健康管理、健康診断の計画及び調整も行っております。

福祉の現場では、病院など医療の現場と違い、難しい患者を治療することや、看護することは多くありません。どちらかというと、通常は利用者様の健康を管理することが目的であり、役割だと思います。利用者様やご家族様が安心してサービスを受けられるよう、自分自身看護師としてのスキルアップを図り、また、障害や疾患に関する知識を身に着けて、より良い支援に繋げて行きたいと考えています。

『人との関わり、共に歩む喜び』

相馬地区 原町共生授産園 介護福祉士 志賀  崇永
     
施設名 :原町共生授産園
地区名 :相馬地区
役職名 :介護福祉士
名 前 :志賀  崇永

当施設「原町共生授産園」では常時介護を必要とする方に対して生活支援を行っています。健康や体力の維持・向上を目的とした“機能訓練”や資源ゴミの分別を通して基本的な作業技術や態度を身に付ける“リサイクル活動”をはじめ様々な日中活動を取り入れており、利用者の皆さんと職員が協力し合いながら楽しく生活しています。

私たちは何気ない話をするときや、習慣化した日常を送っているとき、特に意識せずに生活していると思います。しかし、利用者の皆さんとの関わりを通して、私たちの全ての行動には意味があり、そこには相手に伝えたい、共感して欲しいという思いがあることに気づきました。

現在の障害福祉では、地域生活への移行を重要事項としていますが、困難なケースも少なくありません。自宅から離れ、入所施設での生活が長い利用者の皆さんにとって、施設は家であり、私たちは家族のような存在でありたいと思います。笑いや楽しみなど様々な感情を肌で感じながら、一緒に成長し共生していきたいです。

見学受付中!

まずはお気軽にご応募ください

ご応募・お問い合わせ