東洋学園児童部

こころをつなぐ 手わたしの支援
生活支援
福祉型障害児入所施設

どんな施設?

東洋学園児童部は1965年(昭和40年)に、福島県双葉郡富岡町に精神薄弱児入所施設として開設されました。当協会の発祥ともなります。その後、同町に更生施設、南相馬に授産施設、通所施設もでき、多くの利用者の生活の場を提供して今日にいたります。

2018年よりいわき市四倉町に新しく施設を作りました。居室や廊下など窓を広くしてたくさんの採光を行い、明るい空間となっています。グラウンドやプールもあり、利用者様ものびのびと心地よく暮らしております。

こどもたちの成長を手助けできるように支援していきます。

中庭の様子|東洋学園児童部

メッセージ

求職者の方へ

一緒に本気で遊べる、笑える職員を素直に望んでいます。

人の力が重要になる現場です。伝統はあるものの背中で教えるような教育は難しいでしょう。それでも甘やかすわけではありませんが、こどもたちを素直に「かわいい」と思えるそんな職員を求めています。一緒に本気で遊べる、笑える職員を素直に望んでいます。

東洋学園児童部 職員一同

中庭のふくろう像|東洋学園児童部・成人部

専門職紹介

基本データ

施設名障害者支援施設 東洋学園児童部
所在地〒979-0204
福島県いわき市四倉町細谷字御厩13-3
電話番号0246-38-7871
メールアドレス jido-toyo@ffk.jp
利用定員定員:40名

交通アクセス

いわき四倉インターチェンジから車で約15分

JR常磐線草野駅から車で約15分